次は「凸凹しごとガイド」で検索してね!

発達障害向け「わたしの障害について」書き方ガイド【必須3項目】

  • 「わたしの障害について」を作ってみたけど上手くまとまらない
  • 何をどれくらい書いたらいいか分からず、手が止まってしまう
  • そもそも何を書いたらいいの?必要な項目が知りたい!

障害者雇用に応募するときは、履歴書・職務経歴書とともに「わたしの障害について」という書類を提出することが多いです。

「わたしの障害について」は自分の障害特性や対処していること、企業に配慮を求めたい内容などを記載した書類。この書類を作り込むことで企業へあなたの障害特性が伝わり、苦手なことに配慮してもらいながら働くことが可能です。

しかし「わたしの障害について」を一人で作り上げることは難しく、手が止まってしまう方や書類作りを諦めてしまう方も……。

この記事を書いた人
  • 発達障害ASD・ADHD(精神2級)
  • 営業職→適応障害→転職→営業職を繰り返す
  • 職種を変えても続かず就労移行支援も失敗
  • 障害者雇用の短時間パート事務職でやっと定着
  • 転職エージェントフルリモート事務職に転職成功
  • 年収もUPして、今も自宅で快適に働いてます!
よしだTwitter
この記事を書いた人
  • 発達障害ASD・ADHD(精神2級)
  • 営業職→適応障害→転職→営業職を繰り返す
  • 職種を変えても続かず就労移行支援も失敗
  • 障害者雇用の短時間パート事務職でやっと定着
  • 転職エージェントフルリモート事務職に転職成功
  • 年収もUPして、今も自宅で快適に働いてます!
よしだTwitter

本記事では発達障害を持つ方に向けて、「わたしの障害について」を書くための方法を分かりやすくまとめました。

要点ピックアップ

  • 「わたしの障害について」は採用担当に障害特性を詳しく伝える書類
  • 書く内容は「障害の概要・特性と自己対処・配慮事項」の3つ
  • 書くポイントはA4用紙1枚に整理して、読みやすい文章を心がける
  • 障害理解が深まる、企業側から好印象、働きやすくなるなどメリットが豊富

本記事を読めば自分の障害特性を文章で表現できるようになり、企業から適切な配慮を受けられるでしょう。

「わたしの障害について」の作成でお悩みの方は、ぜひ本記事を最後までお読みください。

発達障害のある人が転職をするなら、転職エージェントのサポートを使いましょう!

  • 書類チェックや日程調整などのミスしやすい作業をサポート
  • 障害事情に詳しいアドバイザーによる求人紹介や面接指導あり
  • 利用は自己負担なし!転職希望者は使っても損はありません

一人で転職活動を続けると、うまくいかず挫折してしまう人は多いです。

障害のある方を専門としたエージェントもいるので、失敗しないためにも転職意志がある人はぜひ利用してください。

»障害者向けのオススメ転職エージェントはこちら

タップできる目次

「わたしの障害について」は特性を詳しく伝える書類

「わたしの障害について」は自分の障害特性を詳しく説明するためのものだ、と意識して書くことが重要です。

単に障害名や特性の単語を書いていくのではなく、障害が自分や応募職種にどのような影響を与えるか説明することに重点を置きましょう。

採用担当は発達障害のプロではありません。障害名だけ書いても何も伝わらないどころか、自分の障害理解や説明するスキルが不足していると受け取られてしまう可能性もあります。

よしだ

「障害者雇用の担当だから知ってて当然。」はNG!

採用担当は障害名だけ聞いても分からない

採用担当はあなたの障害に対して知識が豊富だとは限りません。

障害名だけ告げられても「どんな特性があるのか」「配慮すべき点はどこか」などが分からないことがほとんど。障害者雇用にはさまざまな障害を持つ方が応募するため、一つ一つの障害特性を調べることは難しいです。

例えば「わたしは自閉症スペクトラム障害です。」とだけ伝えても、採用担当はその障害が業務にどのような影響を及ぼすのか理解できません。

一方で「わたしは自閉症スペクトラム障害です。ひとつの物事に集中してしまう、暗黙のルールが理解しにくいといった特性があります。」と細かく伝えれば、担当する業務にどの程度の影響があるかを判断できます。

しかし当事者のわたし達は普段から障害名と特性がリンクしているため、障害名を伝えれば大まかな事情を理解してもらえると思いがち。そのため「わたしの障害について」を作るときは、普段よりも細かく特性や配慮を書き出し、理解の薄い採用担当にも伝わりやすい書き方の工夫をすると良いでしょう。

興味があるのは特性ではなく仕事に対応できるか

「わたしの障害について」で採用担当が知りたいことは、あなたの障害特性ではなく「業務に対応できるかどうか」ということ。一度書き上げたら全ての求人で使い回さず、職種や業態に合わせて書き換えていくと企業側に理解を得られやすいです。

例として同じ事務職でも、通勤が必要な企業と完全リモートの企業では必要な配慮が異なります。

  • (通勤) 事務所内の音・通勤時間などの配慮
  • (通勤) 作業中の声掛けに対する苦手感
  • (通勤) 休憩時間の別室利用、外出の許可
  • (在宅) 勤務時間中の常時カメラON/OFFの配慮
  • (在宅) 画面共有を使った作業が不得意
  • (在宅) 休憩時間の自己管理が上手くできない

他の求人に応募する際は「わたしの障害について」を再度見直し、それぞれの求人に必要な内容に書き換えて提出しましょう。

具体的な内容を書けば適切な配慮が得られる

あなたの障害特性や希望する配慮事項は、できるだけ具体的な内容を書きましょう。

  • 特性がデメリットになりやすい具体的なシチュエーション
  • メンタル不調などの不具合が起きやすいきっかけ
  • 「いつ、どんなとき」など配慮が必要になりやすいポイント

具体性がない「苦手・不得意」やサポートのタイミングが分かりにくい配慮は、企業側が受け入れる判断がしにくいもの。結果として無配慮の状態で採用されたり、受け入れ困難のため不採用となったりしてしまいます。

  • 一人でじっくり整理する時間を作る
  • 支援者と相談しながら内容を整える
  • 仕上げた書類を見直して改善する

など企業側に理解を得られるように手を加え、どんどんブラッシュアップしていくと良いですよ。

配慮事項は企業とのすり合わせが大事

配慮事項は求職者からの一方的なお願いではなく、企業とのすり合わせが必要です。

いくら配慮してほしいことがあっても、企業側に受けられる能力がなかったら難しいもの。わたし達も全て配慮してもらうのではなく「ここまでは自己対処で頑張れるけど」と線を引くことが大事です。

面接時に企業側としっかり話し合いお互いの妥協点を見つけられると、採用されたあとに気持ちよく働くことができます。

1対1で相談することが難しければ、支援者に面接同席してもらい配慮の調整をサポートしてもらうのも良いでしょう。

「わたしの障害について」に書く内容は3つ

「わたしの障害について」に必要な情報は以下の3つです。

  • あなたの障害の概要
  • 障害特性+自己対処
  • 希望する配慮事項

だらだらと長く書いてしまっては読み手である採用担当の負担になってしまうため、応募する業務に関係している内容を中心に厳選しA4サイズの用紙1枚に収めましょう。

よしだ

ボリュームが多すぎると書く側も読む側も大変!

あなたの障害の概要

まずはあなたの障害内容や、簡単な基本情報を書いていきましょう。履歴書のスペースだけでは書ききれない情報を記載していきます。

  • 障害名
  • 障害者手帳の種類・等級
  • 手帳取得日
  • 定期通院・服薬の有無
  • かかりつけ病院・主治医
  • 主治医の労働許可

障害者雇用には障害者手帳が必要なため、選考が進む場合はどのみち確認が必要です。あらかじめ基本情報を書いておくことで二度手間を減らし、企業に安心感を与えられます。

よしだ

障害者手帳を持っていないけど障害者枠に応募してしまう人もいるみたい。

障害特性+自己対処

障害特性は人によって異なるので、障害名だけでなく具体的な特徴と自分で対処していることを書きましょう。

認知している全ての障害特性を書いてしまうと圧迫感が出てしまうため、応募する職種や業務に関連する特性を中心に優先度の高いものから記載していきます。

障害特性を書くときは自分でも対処していることもセットで書けば、自分なりに障害と向き合っていることを企業側に伝えることが可能です。

例えば……

  • 突発的な大きい音が苦手です。普段はイヤーマフを使い負担を軽減させています。
  • 睡眠が少し不安定です。通院し睡眠導入剤を服薬することで、安定した睡眠を得られています。
  • 突発的な割り込み業務が不得意です。万が一を防ぐため、普段からToDoリストで業務を整理し対処しています。

「苦手・できない・不得意」とだけ伝えてしまうと、新しい業務を頼みにくくなってしまいます。

「苦手・できない・不得意」なりにうまくやる方法をセットで伝えられると、採用担当に「自分で考えて工夫できる人」と認識してもらえるでしょう。

希望する配慮事項

特性を理解し可能な限り自己対処をしたうえで、企業側の配慮が必要なことを書いていきます。

配慮事項は「障害特性+自己対処」に書いた内容のうち、自分の努力だけでなく企業側からも歩み寄ってもらう必要があるものを書きましょう。

例えば……

  • 音の過敏+イヤーマフ使用→職場での使用許可
  • 睡眠不安定+通院・服薬→定期的な通院許可
  • 割り込み業務の苦手+予定管理→予定の共有・声掛け・相談

ただ漠然と「配慮してほしい」と頼んでも、企業側は「具体的に何をしたらいいのか?」が明確になっていなければ判断できません。

配慮事項は具体的に、「こんなことをしてほしい」とお願いすることで調整できるようになります。

配慮事項の書き方は以下の記事で詳しく書いてありますので、こちらも参考にお読みください。

▷ わがままと思われない配慮事項の書き方

「わたしの障害について」の書き方ポイント

「わたしの障害について」を書くときのポイントを3つ紹介します。

  • A4用紙1枚に整理して書く
  • 結論を先に書き、詳細を後に書く
  • 具体的でイメージしやすい内容を書く

せっかく作成した書類も、採用担当に読まれなかったら意味がありません。文章は書き方ひとつで読みやすさが大きく変わるため、3つのポイントをおさえて採用担当に負担のかからない書類作りを目指しましょう。

A4用紙1枚に整理して書く

「わたしの障害について」に書くことは厳選し、A4サイズの紙1枚に収まるように書きましょう。

採用担当は履歴書・職務経歴書も目を通したうえで「わたしの障害について」も読むため、障害についての説明が何ページにも渡って書いてあると目を通すことが大変になってしまいます。

「わたしの障害について」はあなたの障害に対する取扱説明書のようなもの。紙1枚でスッキリまとめてある方が、複数ページの取扱説明書よりも読みやすく、理解する労力も少なく済みます。

よしだ

採用担当は応募者一人ひとりに多くの時間をかけられない!

「A4サイズ1枚だけ」と制限することで余計な文章や重要ではない項目がどんどん削れていくため、結果として本当に必要な情報のみを書いた書類が出来上がるでしょう。

結論を先に書き、詳細を後に書く

文章を書くときは結論を先に持っていき、詳細を後ろに書くようにしましょう。

結論を先に持ってくると早いタイミングで主旨が理解できるため、後半の説明も頭に入りやすくなります。

悪い例

外線の電話を受けると「回す部署が分からない・会社名が聞き取れるか不安・早口だとメモが取れない」などの不安があり、電話を取るときに強いストレスがかかります。業務に慣れたタイミングで、外線の受電も少しずつ練習できたらと考えております。発信者が分かりやすい内線のみの配慮をいただけたら幸いです。

良い例

業務に慣れるまで電話対応は内線のみの配慮をお願いします。外線の電話を受けると「回す部署が分からない・会社名が聞き取れるか不安・早口だとメモが取れない」などの不安があり、電話を取るときに強いストレスがかかります。発信者が分かりやすい内線のみの配慮をいただけたら幸いです。業務に慣れたタイミングで、外線の受電も少しずつ練習できたらと考えております。

「良い例」は最初に「電話対応は内線のみ」と配慮してほしいことが書いてあるため、読み手は「電話対応は内線のみ」と理解しながら背景や理由を読み進めることが可能です。一方「悪い例」では読み始めからストレスがかかることを書いており、希望する配慮は最後まで読まないとわかりません。

「悪い例」でも最後まで文章を読んでくれる採用担当なら理解を得られますが、書類選考は何十人もの応募書類が届くため全て目を通していくことは難しいです。「悪い例」の文を最初の方しか読まなかった場合は、電話対応はストレスがかかるから難しい人と勘違いされてしまう可能性もあります。

障害特性や配慮を勘違いされないためにも、文章の最初に結論を書いて、詳しい説明は後半に書くことをおすすめします。

具体的でイメージしやすい内容を書く

障害特性や希望する配慮は、具体的で企業側がイメージしやすい内容で書きましょう。

  • 電話対応が苦手→電話を受けながらメモを取るのが苦手
  • 月1回の通院が必要→主治医の診療が○曜日のみのため、月1回○曜日に通院が必要
  • 予定の割り込みが苦手→予定が埋まっているときに短納期の業務を受けるのが苦手

ふわっとした表現で書いてしまうと企業側にうまく伝わらず、配慮や調整することが困難になってしまいます。調整しにくい点が多いと「自社では対応できない」と判断され不採用になるケースも……。

「わたしの障害について」に書く特性や配慮事項は、数字や情景を織り交ぜつつ企業側に伝わりやすい表現で書きましょう。

「わたしの障害について」を書くメリット

「わたしの障害について」は障害者雇用に必要なだけでなく、さまざまなメリットを受け取ることができます。

  • 自分の障害特性を深く整理できる
  • 自己理解・自己管理ができる人だと認識される
  • 採用後に部署で共有してもらうこともできる

自分の障害内容を文章にするのは非常に大変な作業。短時間でサラッと作ることは難しいです。しかし転職活動だけでなく採用後もずっと使える書類なので、時間をかけてしっかり作り込むことをおすすめします。

よしだ

作り込むことで自己理解が深まるメリットもあるよ!

自分の障害特性を深く整理できる

障害者雇用として就職するのであれば、まず自分の障害をしっかり把握して説明できることが重要です。

  • 得意なこと・苦手なこと
  • 体調が悪くなるタイミング
  • 障害と性格の境界線

「わたしの障害について」を書いていくと、今まで何となく特性と思っていたことも文章に変換する必要があります。文字に書き出していくうちに特性の表現がどんどん具体的になり、より正確な表現になることが多いです。

  • 音が苦手→騒音が苦手→突然の大きな物音が苦手
  • 忘れやすい→話しかけられると忘れやすい→頭で覚えていたことを会話によって忘れやすい
  • 過集中しやすい→単調作業で過集中しやすい→コピペなどの同じ動作を繰り返す作業で過集中しやすい

特性を書きながら深掘りしていくことで、障害特性と向き合い深く理解することが可能になります。

よしだ

特性と向き合うことで「どこに配慮が必要か」も明確になるよ!

自己理解・自己管理ができる人だと認識される

「わたしの障害について」で障害特性が整理できていると、採用側から「きちんと自分の障害を理解している人だ」と認識してもらえます。

障害者雇用は入社時にお願いする配慮だけでなく、働いていく中での体調の変化やヘルプなどの「自己発信」が非常に重要。客観的に障害と向き合える人は自分の異変に素早く気づき発信できるため、トラブルや二次障害へ発展する前に相談できます。

企業側も常にあなたの様子を伺うことは難しいため、常に管理しなくてもよい「必要なときにすぐヘルプを出せる人」は雇用しやすく重宝されるでしょう。

よしだ

自己理解ができていると、ヘルプを出すタイミングが的確になる!

採用後に部署で共有してもらうこともできる

あなたの特性や配慮を「わたしの障害について」にデータ化すると、採用される部署内で共有してもらうことも可能です。

得意なことや苦手なことを職場で共有してもらえれば

  • 上司だけでなく同僚からも理解を得られる
  • 業務の割り振りがスムーズに進む
  • 通院などの休みを部署内で認知してもらえる

などのメリットがあります。

一方で障害というセンシティブな情報を共有することになるので、あらかじめ「上司だけ・部署内・社内」など開示する範囲を事前に相談することも必要です。

特性・配慮は支援者に代弁してもらうのも可

もし障害特性や配慮の希望が自分で説明しきれない場合は、就労移行支援などの支援者に面接同席してもらい代弁してもらうのも一つの手です。支援者側から客観的に見たあなたの障害内容を企業に伝えてもらえるでしょう。

プロの支援者目線で障害内容を伝えてもらえる一方、デメリットとして「自分の障害特性を自己発信できない人」と受け取られる可能性も……。

採用を有利に進めたいのであれば「わたしの障害について」は大変でもあなた自身で作成し、文章や言葉で障害を伝えられるように練習することをおすすめします。

自分の障害を客観視することが難しい人は、就職には遠回りですが「就労移行支援事業所」に通って特性の理解を深めることも選択肢のひとつです。

▷ 発達障害者におすすめの就労移行支援12選

まとめ|障害の説明ができると好印象につながる

本記事では発達障害の方が障害者雇用に応募するときに必要となる「わたしの障害について」の書き方を紹介しました。

記事のまとめ
  • 「障害概要・特性と自己対処・配慮事項」の3点を書く
  • A4用紙1枚にまとめて、企業側が理解しやすい表現を使う
  • 自己理解が増す・配慮を共有してもらえる等のメリットが豊富

「わたしの障害について」は企業側の理解が深まるだけでなく、あなた自身が自分の障害を深く理解するためにも使えます。書類を作り上げていくなかで、障害特性を言葉で説明する力もついていくでしょう。

もし障害者雇用で面接まで進んだ場合、障害の内容や配慮してほしいことは必ず聞かれる代表的な質問。「わたしの障害について」で障害特性を言語化すれば、面接の場でうろたえずに受け答えできます。

あなたも本記事の内容を参考にして、自分だけの「わたしの障害について」を作成してみましょう。

▷ 障害者雇用向け履歴書の書き方12項目

▷ 企業に刺さる職務経歴書を作る方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

タップできる目次